英語が苦手な人の共通点

英語が苦手な人の共通点

 「私、英語向いてないんだよね」

これは、英語が苦手な生徒さんからよく耳にする言葉。

英語が苦手になっていく理由を探ってみれば色々とありますが、原因として共通しているのが「単語量」の不足です。


単語量が足りない


本格的な英語学習の始まる中学生が、英語を習得するうえで最も重要な要素は「単語」「文法」です。

文法を学ぶうえで単語には必ず触れることになりますが、そのとき単語に苦手意識がある人はその例文を読むことすらしんどくて、内容を理解する前に拒絶してしまう傾向があります。

でも、もし単語に苦手意識が無いとしたら、その新しい文法にだけ意識を向ければ良いことになりますから、学ぶべき内容のみに注力できて、吸収も早くスムーズに学習を進めて行くことができます。


単語が分からないと…


例えば、日本語(国語)

国語は5教科の1つとしてしっかり勉強していることと思いますが、その中で文法についも教わります。
普段何気なく使っている日本語ですが、改めて習ってみるとなかなか難しいですし、テストで100点取れる人はかなり少ない

しかし、国語の問題に知らない日本語はありますか?おそらくほとんど無いと思います。

99%意味の分かる文章でも解答を間違えてしまうのですから、文章の意味すら分からなかったら絶対に解けない

単語を知らないのは、地図を持たない航海みたいなもの

どんな単語から覚える?


「単語力をつけよう!」という話をしてきたわけですが、学校では単語も文法も同時進行で教えるため「単語を先に完璧になんてできないよ(´;ω;`)」という方もいると思います。

効率よく単語量を増やすために抑えておきべきなのは、単語を勉強する優先順位

今回は”覚えるべき英単語の優先順位”をランキングにしますので、ぜひご参考にしてみてください。

第1位 「動詞」

学校で習う英語において、動詞が存在しない文はありません

最短の文章は主語と動詞で構成され、そこに情報が追加されて長い文になっていきます。つまり、主語と動詞さえわかれば、その文の大まかな意味は捉えることができます。

第2位 「形容詞」

一般動詞が使われる文であれば、動詞を知る事で意味が分かることが多いですが、be動詞が使われている文章では他の単語がわからないと意味を理解できません。

be動詞と一緒によく使われるのが形容詞です。

第3位 「副詞」

副詞は、 – 動詞や形容詞をふくめた – 文全体に情報を付加する役目を持っています。副詞が分からなくても動詞と形容詞が分かっていれば大まかな意味を把握することはできますが、使われる頻度が高いところがポイントです。

英訳する際にもよく問われるため、しっかり勉強しておきましょう。

※他にも前置詞や名詞、接続詞など様々な品詞があり、どれも大切です。このランキングはあくまで目安と捉えて、知らない単語はその都度吸収していきましょう。


テスト対策時には…

定期テストの範囲で提示された単語はすべて覚えることが前提です。高校受験では1200語大学受験では6000語もの単語を覚える必要があると言われていますが、定期テストで提示される単語はせいぜい数十語。「覚えるべきものを教えてもらえるなんてありがたい…」と考えて、日々少しづつ覚えていきましょう。


終わりに

単語暗記を後回しにすると、必ずどこかで後悔することになります。

学校の教科書に載っているもので十分ですから、初見の単語はすぐ覚える習慣をつけましょう。

そんなモチベーション保てない…。

という方は、ぜひSCC学習教室の体験レッスンへお越しください。

この記事を見てくれたひとりでも多くの人が、その後悔を回避できれば嬉しいです。

■英語クラスの概要はこちら(お月謝等)

体験レッスン申し込み

▼最近の記事

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *.

*
*
You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>